女性活躍推進

IT業界での女性の活躍を応援しています!

IT業界は女性の少ない業界です。
残業が多いブラックなイメージがあるからでしょうか。確かに昔はそういう時代もありましたが、今はまったく違っています。ワークライフバランスを保って社員がいきいきと働ける環境づくりを一番に考えている会社がたくさんあります。
もちろん当社もそのひとつ。
当社は社員が楽しくいきいきと働いているその延長線上に、会社の成長があると考えています。
ITエンジニアという職業は、特殊技術を身に着けたいわば職人のようなものです。出産・育児で長期休業した後でも、元の仕事に戻ることができます。ネット環境さえあれば、在宅で育児をしながらでもエンジニアとして働くことができます。
こんな素晴らしい職業は、なかなかないと思いませんか。
自分の進路に迷っている女子学生の方や今の仕事に物足りなさを感じている女性社会人も、当社でITエンジニアとしての未来を開花してもらえたらと願っています。

取締役管理本部長
山田ひろみ

取組みへのアワード・評価

社員一人ひとりがベストな働き方を選択できるような環境作りを進めてきました。その取り組みが評価され、「テレワーク推進企業」「育児・介護支援企業」として数多くの認定を受けています。

総務省主催
「テレワーク先駆者百選」
第13回さいたま輝き荻野吟子賞
左:埼玉県あったか子育て企業賞 奨励賞
右:多様な働き方実践企業ゴールド認定
「子育てサポート企業」
厚生労働大臣認定マーク
「仕事と介護を両立する企業」
厚生労働省認定マーク
「多様な働き方実践企業」
埼玉県認定マーク

充実したサポート体制

人の育成や働き方を担当する役員のトップである管理本部長が女性ということもあり、より女性が働きやすい仕組みづくりに力を入れています。当社で安心して長く働き続けられるように出産や育児などライフイベントへのサポートからキャリアアップ、スキルアップなどキャリア形成へのフォローなど様々な側面から手厚く整備しています。

ライフスタイルに合わせた多様な育児支援制度

それぞれのライフスタイルにあわせ時短勤務・在宅勤務など選択的に制度を活用できるよう多様な制度を導入しており、多くの利用実績があります。

キャリア形成のための教育制度

様々な教育や研修、勉強会の実施
当社は社員が長く働き、活躍しつづけられるよう育成に力を入れています。
教育方針に「全員が成⻑する意識のあふれる職場」を掲げ、社員の成長のためになにが一番効果的なのかを振り返りながらカリキュラムを用意しています。研修後には懇親会を実施し、業務であまり関わりのない社員同士のコミュニケーションの機会も設けています。また、自己研鑽で学んだことを社内に共有する“勉強会”も実施しており、最先端の技術・トレンド・知識を得る機会も多数あります。
女性リーダー育成研修
当社の女性役員が講師となり、女性社員向けにそれぞれのキャリアやスキルを活かして自分らしいリーダーのスタイルを考えていく育成プログラムを毎年実施しています。具体的には個人ワークやグループワークを通して、現在の自分を深く知り、長期的なビジョンで未来の自分や会社、チームを主体的に考える思考を養う内容となっています。性別に関係なく“リーダー”として必要なスキル、また“女性ならでは“の視点を持ったリーダーを目指すためのスキルの両方を学ぶことができる研修になっています。
女性向け検診費用のサポート
がんの多くは高齢になるほど発症リスクが高まるため、若い女性にはあまり関係のない病気だと思われがちですが、近年「乳がん」や「子宮がん」は20~40歳代で発症するケースが増加しています。
がんの最大の予防策は定期的に検査を行い早期発見することです。したがって当社では希望者にアンケートをとり、毎年の定期健康診断時に「子宮がん検診」「乳がん(エコー・マンモグラフィ)検診」を会社負担で受診できるよう整備しています。

女性社員の声

当社では沢山の女性社員が様々な部署で活躍しています。
SIを選んだ理由、職場の雰囲気や制度についてなどリアルな声をまとめています。

女性社員比率

現在約40名の女性社員が当社で働いています。
職種もエンジニアや営業、管理部など様々で、多方面で活躍しています。

今後の取り組み

ITやテクノロジーの世界で輝く女性を増やしていきたい、自分らしさを発揮して生き生きと働いてほしい、そんな願いを込めて当社はIT業界で働く女性の皆さんの活躍を積極的に応援しています。
当社であれば女性が生き生きと働き続けられる、そんな希望を実現できる環境整備に今後も力を入れていきます。
具体的施策
・各種制度の追加、拡充
・女性エンジニアの積極的採用
・リーダー、管理職への積極的登用
・女性活躍推進企業認定えるぼしマークの取得